認知症検査・診断

  •   
  • 認知症検査・診断
ico001

認知症の基礎知識

認知症の検査・診断方法

認知症は、「身体所見(問診)」「認知機能の検査」「画像診断」の3つから総合的に判断して診断が行われます。

また、血液検査や尿、レントゲン検査も合併症の有無を確認するために実施されることも多いようです。

認知機能の検査でよく使用されているのが「長谷川式認知症簡易評価スケール」と呼ばれるチェックシートで、効率的に認知機能の低下を診断できることから多くの医療機関で利用されています。

問診や認知機能検査によって認知症の疑い見られる場合、CT(コンピュータ断層装置)やMRI(核磁気共鳴コンピュータ断層装置)、SPECT(脳血流シンチグラフィ)、PET(ポシドロン断層撮影)などの画像検査で脳の状態を調べることで、脳の萎縮状態などから認知症の種類や進行具合を確認することができます。

認知症の早期発見・早期治療が重要

認知症の症状が見られたら専門医に受診して早期発見・早期治療を行うことで進行を遅くしたり、症状を改善したりすることが可能です。

水頭症、脳腫瘍、慢性硬膜血種が原因で症状が出てる場合もあり、そんな場合は外科的処置により飛躍的に改善することだってあります。

発見が遅れると症状回復が困難になることもあるため、気になることがあれば一刻も早く医師に相談することが重要です。

アルツハイマー型認知症などは、薬により進行を遅らせることができるようになり、早期に治療を開始すれば健康な生活を長期間過ごせるようになります。

また、症状が軽いうちに将来を見据えて任意後見制度などの準備をしておけば、後々のトラブル等を回避につながります。

セカンドオピニオンは必要?

認知症の診断は初期段階であるほど難しく、高度な検査機器や豊富な技術が要求されてくるため、必ず専門医に受診するようにしましょう。

そして、もし診断に納得がいかない場合、他の専門医に相談するセカンドオピニオンを利用するのも1つの方法です。

セカンドオピニオンは今ではガンなど様々な病気で利用されており、主治医師以外の医師に診断してもらうことで、より納得のいく治療法やアドバイスをもらえることも少なくありません。

「主治医に対して失礼ではないか」と心配する人もいますが、治療法や診断を受け入れるのは患者や家族の権利です。

後になって悔いが残らないよう、認知症の診断で少しでも気になる点がある場合は他の専門医を受診してみましょう。

page_top

Copyright 認知症サプリ比較ランキング※効果的な商品で賢く予防 All Rights Reserved