認知症の保険について

  •   
  • 認知症の保険について
ico001

認知症の基礎知識

認知症の保険制度

認知症になると介護が必要になるケースが多いですが、わが国では公的な介護保険が充実しており、認知症と診断された場合は40歳から利用することが可能です。

介護保険に申請し認定証が届くと、訪問介護やデイサービスなど様々なサービスを利用用の1割負担で利用できるようになります。

ただし、介護保険制度は認定が下りないと利用でいないため、要介護状態と認められない軽度な認知症の患者でも介護者にとっては負担が重い場合があり、全額自己負担で介護サービスを受ける人も少なくありません。

介護サービスの利用料は決して安い金額ではないため、民間の保険に加入しておくなどして将来に認知症になった場合に備えて今から対策しておくことも1つの方法です。

認知症も対象となる民間介護保険

認知症は社会問題にもなっており、高齢化進む日本では今後も患者数が増加することが懸念されています。

公的な支援制度も充実していますが、民間の保険会社が販売している介護保険に加入しておくことで、よりリスクに備えることができます。

公的な介護保険は介護サービスなど現物支給で利用することが可能ですが、民間の介護保険なら要介護状態になった場合に保険金を受け取ることが可能です。

現金で受け取ることができるため、公的介護保険ではサポートされない生活費や自己負担1割を超える介護費用に充てたり、施設に入所する際の頭金などに利用するなど柔軟に利用できるのが魅力です。

ただし、保険会社がしている要介護状態は国の介護認定と必ずしも一致していないため注意が必要です。

国内初!認知症専門の医療保険

国内初!認知症専門の医療保険

太陽生命保険会社では、2016年3月より認知症治療保険を業界に先駆けて販売開始しました。

従来の介護保険は認知症患者の介護にかかる費用を保険金として受け取ることがかのうでしたが、認知症治療保険は認知症の治療に伴う入院や手術にかかる費用を保障してもらえます。

医療保険の一種であるため、特約を付ければ女性疾病から7大生活習慣病に至る幅広いリスクに備えることができ、たとえ認知症にならなくても他の病気で保障を受け取ることができます。

また、健康に不安がある方でも加入しやすい持病保険のような性格も有しており、幅広い方を加入対象としています。

ひまわり認知症治療保険の概要

保険会社名 太陽生命保険株式会社
認知症の保障対象 【器質性の認知症を対象】
・アルツハイマー型認知症
・脳血管性認知症
・パーキンソン病の認知症
・クロイツフェルト・ヤコブ病の認知症
など
保障内容 ・認知症治療給付金 300万円
・骨折治療給付金 1回10万円
保障内容(7大疾病プラスor女性疾病プラス) ・入院一時金 5万円
・手術給付金(入院中) 10万円
・手術給付金(外来) 5万円
・放射線治療給付金 1回10万円
page_top

Copyright 認知症サプリ比較ランキング※効果的な商品で賢く予防 All Rights Reserved