認知症の予防

  •   
  • 認知症の予防
ico001

認知症の基礎知識

認知症は予防できる?

認知症を完全に予防することは難しいですが、日ごろの生活を見直すだけで発症リスクを抑えることが可能です。

アルツハイマー型や脳血管性などの認知症は生活習慣病から発症することがあるため、糖尿病や高血圧症などを予防することは最終的に認知症予防にもつながります。

アルツハイマー型認知症など治療法が確立されていないからこそ、予防による発症リスクを抑えることは重要です。

栄養バランスの取れた食生活

血糖値の状況や高血圧などは認知症の発症リスクを高めてしまうため、糖分や塩分の取り過ぎには注意が必要です。

青魚に含まれているDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)は、脳細胞の活性化や血栓予防の効果があるため認知症予防にも効果的です。

また、アルツハイマー型認知症の原因と言われているβアミロイドの蓄積は抗酸化物質により防ぐと言われているため、ビタミンCやビタミンEなど含む野菜や果物を積極的に摂るよう心がけましょう。

DHA・EPAやビタミンなどは認知症サプリメントにも豊富に含まれているので、食事と一緒に摂取することをおすすめします。

毎日の適度な運動

アルツハイマー型認知症には日々の運動が予防に効果的だと言われています。

週に1時間程度のテニスや水泳など運動する習慣がある高齢者は、全く運動をしない人に比べてアルツハイマー型認知症の発症率が25%も減少するという研究が報告されているほどです。

長時間の運動でなくても良いので、1日30分程度は体を動かすことを意識しておきましょう。

散歩やラジオ体操など手軽な運動で良いので、毎日継続して行うことが重要です。

頭を使う活動を意識

頭を使うことは、脳を刺激し活性化させるため認知症の予防に効果的だと言われています。

新聞や読書、将棋やパズルなど指先や身体も使いながら楽しむことで、ストレス発散にもつながります。

また、人とコミュニケーションを取ることも脳への刺激となるため、友人や親族と会話したり、ボランティアや地域の交流会などに参加したりすることをおすすめします。

睡眠時間を十分確保する

睡眠が不足してしまうと、アルツハイマー型認知症の原因となるβアミロイドの蓄積が増えたというデータがマウスを使った実験で確認されています。

睡眠中は脳の老廃物が排除されるため、1日最低6時間は睡眠をとる生活を心がけましょう。

また、30分未満の昼寝は認知症の予防に効果があると言われているので、日中に眠くなった場合は我慢せず睡眠時間には気を付けて昼寝を行いうのも良いでしょう。

page_top

Copyright 認知症サプリ比較ランキング※効果的な商品で賢く予防 All Rights Reserved