認知症テスト

  •   
  • 認知症テスト
ico001

認知症の基礎知識

認知症を診断する2種類のテスト

認知症かどうかを診断するためによく用いられる簡便なテストとして「長谷川式認知症簡易評価ツール」「ミニメンタルステート検査(MMSE)」の2種類があります。

長谷川式認知症簡易評価スケールは、長谷川式認知症簡易評価スケールは、1974年に聖マリアンナ医科大学の長谷川和夫氏らが開発されたスクリーニング検査です。

いっぽう、ミニメンタルステート検査(MMSE)は国際的に利用されているスクリーニング検査で長谷川式よりも質も内容が少し複雑です。

また、ウェクスラー成人知能検査(WAIS-R)と呼ばれる認知・記憶機能を客観的に数値化して評価する方法もありますが、施工時間がかかるなど煩雑さに課題があります。

長谷川式認知症簡易評価スケール

現在我が国の多くの医療機関で利用されている長谷川式認知症簡易評価スケールは、1991年に一部見直された改良版です。

当チェックシートを使用し30点中20点以下の場合は認知症の疑いがあると言われていますが、点数が悪いだけで認知症と診断されることはなく、あくまで参考程度で扱われます。

ただし、セルフチェックで20点を下回った場合は、医師に相談することをおすすめします。

チェック項目

  正解 不正解
1.歳はいくつですか?(2年までの誤差は正解) 1点 0点
2.今日の日付・何曜日ですか? 1点 0点
1点 0点
1点 0点
曜日 1点 0点
3.私たちが今いるとこはどこですか?(正答がない場合は5秒後にヒント) 自発的に回答できた 2点 0点
5秒後の「家ですか?病院ですか?施設ですか?」の中から正しい選択ができた 1点 0点
4.3つの言葉を言ってください。後の設問で再度聞くため覚えておいてください。

下記系列のいずれか1つで実施
系列1 a)桜  b)猫  c)電車

系列2  a)梅 b)犬  c)自動車
1つにつき1点 0点
5.100から7を順番に引いてください

100-7は?

1点 0点

それから7を引くと?

1点 0点
6.これから言う数字を逆に言ってください

a) 6―8-2

1点 0点

b) 3-5-2-9

1点 0点
7.4.で覚えてもらった言葉をもう一度言ってください 

自発的に答えられた

1言葉につき2点 0点

ヒント a)植物 b)動物 c)乗り物

1言葉につき1点 0点
8.これから5つの物を見せます。それを隠すので何があったか言ってください 1つずつ名前を言いながら並べ覚えさせる。次に隠す。 時計・くし・ハサミ・タバコ・ペンなど必ず相互に無関係なものを使う 1つにつき1点 0点
9.知っている野菜の名前をできるだけ多く言ってください。 答えた野菜の名前を記入する。途中で詰まり10秒待っても出ない場合は終了 10個以上5点 0~5個
0点
9個4点
8個3点
7個2点
6個1点

質問内容の解説

1:年齢 2:日時の見当識 3:場所の見当識 4:言葉の即時記銘 5:計算

6:数字の逆唱 7:言葉の遅延再生 8:物品記銘 9:言葉の流暢性

評価方法

< 注1 >30点満点で、20点以下のとき、 認知症の可能性が高いと判断される。

< 注2 >認知症の重症度別の平均点

非認知症:24.3点/軽度認知症:19.1点/ 中等度認知症:15.4点/ やや高度認知症:10.7点/ 高度認知症: 4.0点

page_top

Copyright 認知症サプリ比較ランキング※効果的な商品で賢く予防 All Rights Reserved