認知症とは

  •   
  • 認知症とは
ico001

認知症の基礎知識

認知症について

認知症とは、脳の器質的障害などが原因で一度正常に発達した知能が低下してしまう病気です。

物忘れなどの記憶障害が有名ですが、失認、幻視、あるいは手の震えや歩行速度が遅くなるパーキンソン病に似た症状を引き起こすこともあります。

認知症と診断する判断基準は世界中で様々な検査方法が研究されていますが、一般的に脳を含めた身体検査や心理テストなどが用いられています。

また、認知症の予備軍と言われる「軽度認知障害」は、平均5年から10年、1年で10%から15%の発症率で認知症へ罹患しています。

ガンや生活習慣病など同じで認知症も軽度認知障害のうちから早期発見・早期治療が重要だと言われています。

平均寿命については症状によって様々ですが、記憶障害だけでなく歩行障害など身体的影響も認知症の種類や進行具合によって生じてしまい、いずれは寝たきり状態から体力低下、肺炎などの合併症などで死亡してしまうこともあります。

認知症の人数は増加傾向

dummy

国内の認知症患者数は、厚生労働省の調査によると2012年時点で約462万人となっており、65歳以上の高齢者7人に1人が認知症と推計されています。

さらに、2025年には認知症患者の人数は700万人を超えると予想されており、65歳以上高齢者の実に5人に1人が該当する計算となります。

また、認知症予備軍とされる軽度認知障害を含めると患者数はさらに膨れ上がるとされています。

65歳以上の高齢者に多い傾向がありますが、64歳以下で罹患するケースがあり「若年性認知症」と呼ばれています。

若年性認知症は、2009年の厚生労働省によって公表されたデータによると、およそ4万人の患者数がいて男性の割合が多く、平均年齢は51歳程度となっています。

認知症と痴呆症の違い

痴呆という言葉は愚かな人というマイナス意味であり、差別的な表現として用いられることも多かったため、平成16年に厚生労働省によって呼称変更が実施され行政用語は「認知症」に改められた経緯があります。

したがって、現在では日本医師会でも「認知症」という呼称で統一されています。

痴呆症も認知症と同じような症状を指していることで一緒ですが、物忘れは少し意味合いが異なってきます。

60歳以上を過ぎて高齢による物忘れなど記憶力の低下はありますが、加齢による物忘れの場合は正常な老化現象の1つです。

「予定を入れていたことを忘れる」などのケースがありますが、この場合は予定を入れていたことは覚えているという物忘れの自覚があります。

いっぽう、認知症の場合は「ご飯を食べたことを忘れる」といったことに食事を取ったという行為自体を思えていません。

つまり、忘れていたという自覚がないのが認知症の特徴です。

  認知症による物忘れ 加齢による物忘れ
特徴 体験した行為を全て忘れる 体験した行為の一部を忘れる
物忘れの自覚 ない ある
日常生活への影響 ある ない
page_top

Copyright 認知症サプリ比較ランキング※効果的な商品で賢く予防 All Rights Reserved