認知症とうつ病の違い

  •   
  • 認知症とうつ病の違い
ico001

認知症Q&A

認知症と間違いやすいうつ病とは

うつ病は、65歳以上の高齢者でも発症されるケースは多く、症状が認知症と似通っているため誤診されやすく注意が必要です。

若い人と異なり、高齢者のうつ病は妄想を形成しやすかったり、不安・焦燥感が強かったりする傾向があります。

また、アルツハイマー型の認知症の場合は症状を否定することが多いですが、うつ病の場合は物忘れや憂鬱な気分を強く周囲に訴えることも見受けられます。

うつ病とアルツハイマー型の認知症は異なる病気であるため、治療法も違ってくるので専門の病院で診断してもらいましょう。

  認知症 うつ病
物忘れ ゆっくりと年数をかけて進行 一般的に急に症状が出始める
憂鬱感 あまり感じない 強く感じる
無気力感 あり なし
身体の痛み あまりない 肩こり、背痛、腰痛など
抗うつ薬 あまり効果ない 一般的に効果あり

せん妄とは

うつ病と同じく認知症と間違われやすい症状としてせん妄があげられます。

せん妄とは、軽度の意識障害であり、脳の障害や身体疾患を原因として意識はっきりとしないなか、幻覚や錯覚、興奮状態などの症状がみられます。

認知症と違うのは発症時期が明確でることで、脳や肺の病気や心不全など様々な症状が現委員で発症が確認されています。

抑うつは認知症

「気分が落ち込む」「食欲がない」「興味を示さない」といった無気力状態の症状は、認知症による抑うつ状態であることが考えらえます。

抑うつ状態は、認知症の中でも特に「レビー個体型」に多いと言われていますが、アルツハイマー型や前頭側頭葉型などでも症状が見られることがあります。

抑うつ状態が進行してしまうと何もする気がなくなり、身体的な機能も低下してしまい、食事や排せつ等の介助が必要になってしまいます。

抑うつの対処法としては、注意・叱るなどといったネガティブな言動を控え、ゆっくり話を聞きながら寄り添ってあげることが重要です。

寂しさや不安な気持ちになるとマイナスな妄想などしてしまうので、好きな音楽を聴いたり、散歩に出かけたり、あるいはデイサービスなどを利用するなどたくさんの刺激を与えてあげましょう。

page_top

Copyright 認知症サプリ比較ランキング※効果的な商品で賢く予防 All Rights Reserved